地主や借主とのトラブル

相談

双方に利のある解決策

借地権とは、地主が所有している土地を借りて、住宅用地などに利用する権利です。利用できる期間は限られていますが、だからこそ土地を購入する場合と比較すると手軽ということで、借地権は注目されています。しかし、地主と借主との間にトラブルが発生するケースもあります。たとえば借主が契約期間の延長や建物の増築などを希望していても、地主がそれを承諾しない場合です。逆に、契約期間が終わっても借主が土地を地主に返さなかったり、勝手に建物を増築したりといったトラブルが発生することもあるのです。こういったトラブルは、不動産や法律の専門家に相談することで、解決可能となります。相談は多くの場合、電話やメールで受け付けられているので、気軽に申し込むことができます。もちろん、借地についての詳細が記されている契約書や測量図などを持参した上で相談すれば、より的確なアドバイスが行われます。アドバイスだけではトラブルが解決しなかった場合には、専門家による現地調査や、地主または借主との交渉が行われることになります。専門家は、不動産の状態と法律とを十分に考慮して、双方にとって最も利のある解決策を提案するのです。特に多いのは、借主が借地を買い取ることによる解決です。借主が所有権を得ることで、契約期間や建物の増築などにおけるトラブルは、そもそも発生しなくなるのです。もちろんこの場合の売買手続きも、相談に応じた専門家がサポートすることになります。これにより、一層短期間での解決が可能となるのです。